戦闘機着陸拘束装置

戦闘機が着陸時に停止できない緊急時に使われる 「戦闘機着陸拘束装置」の電気設備工事を行っています。


  • 滑走路上を横断する
    ワイヤーの様子

  • 滑走路上に立ち上がった
    大型ネットの様子

  • 米国で同様の装置を使用している様子

日本全国の航空自衛隊基地滑走路に設置してある、「戦闘機着陸拘束装置」の電気設備工事を行っています。 この装置は、滑走路の両端部に設置されており、戦闘機が着陸時に滑走路内で停止できない緊急時に使用されます。 この装置には、いろいろな形状の物があり、例えば、滑走路のワイヤーを使用する場合(写真 ワイヤーの様子)は、 戦闘機にワイヤーフックが付いている機体であれば、パイロットが機内操作でワイヤーフックを機体から出し、 滑走路上を横断しているワイヤーにフックをひっかけて、トルクがかかったワイヤーが長く伸び強制的に機体を止める物や、 パイロットから緊急連絡を受けた管制官がスイッチを押すことにより、滑走路上に横たわっている大型ネット(写真 大型ネットの様子)が立ち上がり、 戦闘機がそのネットにつっこみ機体を包み込みながら、大型ネットの両端のトルクがかかったワイヤーが長く伸び機体を止める物など様々です。
当社は、この重要装置の電気設備部分を担っています。

事業実績

戦闘機着陸拘束装置の電気工事は、全国有数の施工実績があります。

北海道千歳基地
青森県八戸基地
宮城県松島基地
茨城県百里基地
埼玉県入間基地
愛知県小牧基地
岐阜県岐阜基地
静岡県浜松基地
石川県小松基地
福岡県芦屋基地
福岡県春日基地
福岡県築城基地
宮崎県新田原基地

お問い合わせ

本社 〒453-0818
名古屋市中村区千成通1丁目22番地
TEL 052-471-4131
E-Mail:hosou@towa-d.net